長年住んだ自宅を守りたいなら外壁塗装をするべき

作業員

仕上がりに大満足

外壁塗装は足場を作ったり、壁のホコリや泥を落として足付けをする下地作りをしたりするなど、色々な作業が有ります。神戸市でこういった作業を丁寧に行ってくれる業者を探すのなら、神戸市の外壁塗装に関する口コミサイトなどが役に立ちます

一軒家

屋上がある場合

沖縄の家はRC造住宅で屋上のある家が多いという傾向にあります。RC造住宅のメンテナンスは、外壁塗装がおすすめです。外壁塗装は人で言う日焼け止めクリームのように、紫外線などから壁を守ります。屋上のある家は同時に防水工事も行いましょう。

家を長持ちさせるなら

ペンキ

外壁の状態を確認する

住宅の外壁は、新築の時に塗ってそれで終わりというわけではありません。住宅がさまざまな理由で劣化してしまうのと同様に、外壁も直射日光や風雨が原因となり劣化してしまうため、外壁塗装を新たに行う必要が生じてきます。外壁塗装を新たに行うことは、外壁の劣化によるヒビなどから雨水が住宅に侵入し、木材や鐵骨を劣化させてしまう原因になります。足場を組むだけでも10万円以上の金額がかかり、最終的には100万円近くにもなってしまう外壁塗装は必要ないのではないかと思う人も少なくないのです。しかし、住宅の命ともいえる木材や鐵骨の劣化が起こると、家の建て替えが必要になるケースもあります。そのため、外壁塗装を行っておいた方が割安になります。外壁塗装は家の需要を長くするために必要なものだということがいえるのです。外壁塗装は一般的に10年を目安にやり直しを行った方が良いといわれています。現在の外壁に塗ってある塗料によっては耐用年数が5年〜15年と幅がありますが、一般的には外壁塗装の目安は10年だといわれています。しかし特に日光が良く当たる南や西向きの外壁や、逆に日光が当たらずに苔が生えてしまうような北向きの壁は劣化しやすいといわれています。そのため、これらの方向の壁の状態をよく観察しておくとよいでしょう。目安である10年に満たないとしても壁にヒビが見える、外壁に艶がなくなったり触れると水分を持っているように感じるという場合には、劣化が始まっている可能性があり、外壁塗装が必要な状態になっているケースもあります。

塗装

自宅の老朽化を防ぐには

横浜には外壁塗装を請け負っている業者が複数存在します。これらの施工業者の見積り価格には大きな違いが見られるケースもありますが、塗料の含有成分や耐用年数なども考慮して最適な施工を行ってくれる業者を見つける事が肝心です。